トイレは命を救う!「うんち川柳」募集

News

2017/11/6 | Japan

トイレは命を救う!「うんち川柳」募集

~11月19日は世界トイレの日~

11月19日は世界トイレの日。世界ではいまだ、3人に1人がトイレを利用できない環境で生活しています。トイレがない人たちは、バケツやビニール袋にうんちをしたり、外で排せつしなくてはなりません。うんちに含まれる細菌から病気がまん延したり、免疫力の弱い子供たちが下痢を発症したりし、命を落とす原因になっています。

ウォーターエイドジャパンは、多くの人に世界のトイレの問題に関心を持ってもらうために、今年も「うんち川柳」を募集します。排せつやトイレにまつわる事柄で、起こったできごと、感じたこと、思ったことを季語や定型にこだわることなく、五・七・五のリズムにのせて表現してください。


応募概要

【応募締切】2017年11月6日(月) 10:00
【応募方法】はがき、FAX(A4サイズ)、メール、SNSのいずれかの方法で、お一人様2句までご応募いただけます。「氏名」「メールアドレス」を明記の上、応募作品と共に送付ください。twitter、facebook上にてハッシュタグ「#うんち川柳」「#poohaiku」を付けて投稿いただくことも可能です。(SNSでご投稿いただいた場合には後日「氏名」「メールアドレス」をお伺いいたします。)

【表彰】大賞・優秀賞をWEBサイト上及び11月19日に行われるイベント「もしもトイレがなかったら」にて発表します。入選者にはうんちのぬいぐるみ(下)と賞状が授与されます。

poo

【応募先】
特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン うんち川柳係
住所:東京都墨田区両国2-10-6 ローレンス・ノダ301
FAX: 050-3488-2040      E-MAIL: [email protected]
twitter: WaterAid Japan     facebook: www.facebook.com/WaterAidJapan/


世界トイレの日とは

世界で起こっているトイレの問題を多くの人に知ってもらい、公衆衛生への関心を高め、問題解決を加速していくための日です。

2001年11月19日に世界トイレ機関(World Toilet Organization)が創設され、「世界トイレサミット」が開催されました。さらに2013年の国連総会において、毎年11月19日が国連「世界トイレの日」と制定されました。