WaterAidは現地のパートナーと協力し、安全な水と衛生設備をコミュニティで利用できるようにするための支援を行っています。また、政府などの意思決定機関に対しても、人々が暮らしに不可欠なサービスをもっと受けられるよう、経験と調査に基づいた働きかけを行っています。

WaterAidでは、それぞれのコミュニティに合った実用的な技術だけを用いて支援を行い、その技術がコミュニティに根付くようにしています。そうすることによって、コミュニティの人々が、その技術を未来へ向けて長く維持することが可能になります。

また、現地のパートナーと協力することによって、そのコミュニティの未来に投資することが可能となり、人々が技術を上手に活用し続けることができるようになります。これは、WaterAidが行う支援のなかで最も重要な活動です。WaterAidでは、こうした活動こそ最も発展的で持続可能な方法であると確信しています。

しかし、危機的現実の規模はあまりに大きく、WaterAidが単独で解決できるものではありません。そこで、WaterAidはコミュニティの人々と協力して、公共サービスを提供する政府などの機関に対し、水や衛生設備の問題に優先的に取り組むよう働きかけを行っています。

こうしたWaterAidの活動に、個人、団体、企業を問わず、実に多くの方々が力を貸してくださっています。WaterAidのあらゆる活動は、皆さまの暖かいご支援とご協力に支えられています。 WaterAidがどのような指針に基づいて活動を行っているかということにご興味のある方は、ぜひWaterAidの指針のページをご覧ください。>

WaterAidの活動を紹介した下の映像(英語)もご覧ください。

School children wash their hands

活動に関する最新ニュース・ブログ

すべてのニュース・ブログを見る >