これまでにWaterAidが支援を提供した人の数は、世界中で2,120万人。  この数字の陰には、世界で最も貧しい国々で、暮らしが大きく変わった人たちのストーリーがあります。

子供たちの 「日常」を変えるために

ネパールでは、230万人以上の人々が安全な水を利用できません。辺境に暮らしていたり、障害や民族、差別が理由で水が得られなかったりする子供たちは、水くみに夢を実現する機会を奪われています。

水が暮らしを変える

家族に、村に、そしてその国のすべての人に届けられるように。冬の募金にご協力ください。

10/15は世界手洗いの日

下痢は5歳以下の子供の2番目に大きな死因です。石けんで手を洗うというシンプルな行為で、下痢性の病気でなくなる子供を47%減らすことができます。

スポーツ選手と水

リオデジャネイロ五輪が盛り上がっている今だからこそ、皆さんにご紹介したい人がいます。安全な水を手に入れることが難しい地域でトレーニングを行うスポーツ選手たちです。

タブーを破るために

月経について話すことがタブーとされてきたインドでは、正しい情報や知識を得ることが難しい状況にあります。