安全な水を利用できない人の数は世界中で8億4,400万人。

世界人口の約3分の1にあたる23億人の人々は、十分な衛生設備のない環境で暮らしています。

不衛生な水しかなく衛生設備も整っていないために、下痢で命を落とす子どもたちが毎年約28万9千人います。1日に約800人の子どもが亡くなっている計算になります。

安全な水と衛生設備を利用できるようになっても、そのメリットを完全に活かすには、衛生習慣の改善が不可欠です。

衛生習慣

衛生習慣が根付いていない地域では、水に関連した病気がすぐに広がってしまいます。給水設備やトイレが整備されても、それだけではこれを防ぐことができません。

トイレの後と料理や食事の前に、石けんと水で手を洗う。ただそれだけで、水に関連した命を脅かす病気を予防することができるのです。手洗いを習慣づけるだけで、下痢のリスクを半分にまで減らし、毎日何百人もの子どもの命を救うことができます。

しかし、衛生習慣の改善は、見過ごされてしまいがちです。取り組みの難しい問題であり時間がかかるというのが、その理由です。デリケートな問題かもしれないことについて人々に話をしなくてはなりませんし、長い年月の間に根付いた習慣を変えてもらわなくてはなりません。

衛生習慣の重要性について詳しくは、下の映像をご覧ください。

The hygiene crisis

危機的な現実に生きる人々

A woman looking away from the camera, holding a small child

エリザ・ンガイヤイェさんと娘のイブリンちゃん。自宅にて。
(マラウイ、リロングウェ県ムウェニェコンド)

「ここでは衛生的にする習慣がないから下痢になるんだと思います。トイレを衛生的に使う習慣がないんです。それに、家のまわりには水たまりがいくつもあって、水たまりにはハエがたくさんいます。ハエはみんな家の中に入ってきます。しかも、子どもたちはトイレの使い方が分からなくて、トイレを便だらけにしてしまうんです。」

Nurse taking the pulse of a woman

カエウェケン診療所で女性の手当てをする看護師。
(リベリア、リバー・ギー郡)

「患者さんたちには、食前の手洗いがとても良いということ、それから手をそのまま口に入れてはいけないということを話しています。いろいろな問題がありますが、その原因は、手を洗わないこと、そして蚊です。ほとんどの人が川の水を飲んでいるんです。手押しポンプがもっとあれば、病気は減るはずだと思います。」

Family washing hands

パトリシア・ウマリヤさんと子どもたち。
(ルワンダ、ブゲセラ郡ガトラ村)

「私の子どもたちは、よく学校を休みます。服が汚いからです。私には子どもたちの服を洗う時間がないんです。私は畑仕事に時間を取られるし、子どもたちはどうやって服を洗えば良いのか分かりません。学校に汚い服を着て行くと、家に帰されてしまうんです。」