ウォーターエイドは、2030年までに、すべての人がすべての場所で安全な水と衛生を利用できるようにするというビジョンに向けて、パートナーと協力しながら働きかけや支援活動を行い、数百万人の暮らしを改善していきます。

WaterAidが掲げる4つの戦略目標:

公平性:最も貧しく社会的に取り残されている人々が安全な水・衛生に対する権利を実現する妨げになっている格差に立ち向かい、その是正に取り組みます。
持続可能なサービス:持続可能な水・衛生サービスの実現に必要な体制と能力を強化するために、行政機関と公共事業会社をサポートします。
統合:持続可能な開発の一環として水と衛生の問題を統合した計画や活動を展開することで、変化を加速できるよう各方面と協力します。
衛生習慣:安全な水・衛生を利用できることのメリットを最大限に活かせるよう、衛生習慣改善の働きかけを積極的に行います。


グローバル指針のダウンロード

Global Strategy Report Japanese

グローバル戦略2015-2020
(日本語)

ダウンロード (PDF, 4.5MB) >