水・衛生支援で新型コロナウイルスから命を守る

感染症予防のために不可欠な「手洗い」や「正しい衛生習慣」。
しかし、後発開発途上国では多くの家庭に手洗い設備がなく、保健医療施設でも適切な衛生習慣を実践することができません。

人々の命と健康を新型コロナウイルス感染症から守るため、ウォーターエイドは世界26か国で、手洗い等衛生習慣の促進手洗いに必要な水の供給・確保に取り組んでいます。ご協力をお願いいたします。

水と手洗い習慣
To combat the spread of coronavirus, WaterAid Pakistan have installed  four handwashing stations at various locations in Muzaffargarh, Punjab, with over 5,000 estimated daily users. COVID-19 response Pakistan. April 2020
WaterAid/ Sibtain Haider
2020年4月、パキスタンのムザファルガー県でウォーターエイドが設置した公共手洗い設備で手を洗う人々。

世界では水と石けんを使った手洗いは『当たり前』ではない

家庭の40%に手洗い設備がありません

World Health Organization (2019) Progress on household drinking water, sanitation and hygiene 2000-2017.

保健医療施設の43%に手洗い設備がありません

World Health Organization (2019). WASH in health care facilities: global baseline report 2019.

47%の学校に手洗い設備がありません

UNICEF, & World Health Organization (2018). Drinking water, sanitation and hygiene in schools: Global baseline report 2018.

取り残されがちな人々が、新型コロナウイルス感染症の影響でさらに厳しい状況に・・・

In distant villages like Sarona in Kanker, Chhattisgarh, people have to step out to access basics like water from community sources; but they are maintaining social distancing, thanks to our field teams and partner Samarthan to prevent COVID-19. COVID ...
WaterAid
ウォーターエイドが活動するチャッティースガル州の農村部の村で距離を取りながら水をくむ人々(2020年3月インド)

新型コロナウイルス感染症をはじめ感染症予防のため、手洗いや正しい衛生習慣は非常に重要です。そして適切な手洗いをするためには、まず第一に清潔な水の確保が欠かせません。しかし、世界には、清潔な水を得ること自体が困難な地域も多くあります。インドではこの夏も早くから多くの地域で干ばつによる水不足が懸念されています。

General images at a settlement of a few people who face damages to their houses on every climate crisis from flooding to cyclones on the outskirts of Bhadrak, Bhuvaneshwar, Odisha, India. 23 January 2020.
WaterAid/ Anindito Mukherjee

コロナ禍で厳しい状況に置かれている人々がさらに取り残されてしまわないよう、世界的な水・衛生の課題に取り組むことは急務です。

人々の健康と命を新型コロナウイルス感染症から守るため、
皆さまからのご支援が必要です。ご協力をお願いいたします。

継続的なご支援をご検討の方はこちらからお申込みください。

 


 

COVID-19に対するウォーターエイドの取り組み

ウォーターエイドは、設立以来40年近くにわたって、水・衛生の改善に取り組んできました。各国・地域、文化、社会に合った普及方法について、多くの経験と専門性を持っています。ウォーターエイドは、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大に対応するべく、2020年3月より特に以下に重点を置いた活動を開始しています。

人々の健康と命を新型コロナウイルス感染症から守るため、
皆さまからのご支援が必要です。ご協力をお願いいたします。

継続的なご支援をご検討の方はこちらからお申込みください。

 


 

あなたのご寄付でできること

3,000円でザンビアに簡易手洗い設備2つを設置できます

WaterAid/ Tom Pilston

5,000円でエチオピアに石けん175個を届けることができます

WaterAid/ Genaye Eshetu

10,000円でウガンダの学校に手洗い場を2基を設置することができます

WaterAid/ James Kiyimba

ウォーターエイドジャパンは
東京都から認定を受けた認定NPO法人です 

ウォーターエイドジャパンへのご寄付は税制優遇措置の対象となります。

<租税控除の場合>
たとえば、10,000円寄付すると…

所得税3,200円が戻ります!
(寄付金-2000円)× 40%

*税制優遇を受けていただくためには確定申告が必要です。
*領収書の日付は決済日ではなく、カード会社からウォーターエイドに入金された日付となります。


 

ウォーターエイドとは

私たちの生活に欠かせない清潔な水、トイレ、正しい衛生習慣を届けることで最も取り残されがちな人々の生活を変えることを目指す水・衛生専門の国際NGOです。1981年にイギリスで設⽴され、現在アジア、アフリカ、中南⽶など34か国に拠点を構え、活動しています。各国の貧しい人たちや取り残されがちな⼈々が清潔な⽔を利⽤できるよう、専門性を生かし、現地に適した方法を見つけ出して解決を図っています。1981年の設立以来、2,640万人に清潔な水、2,630万人に適切なトイレを届けてきました(WaterAid, 2017)。新型コロナウイルス感染拡大を受け、2020年3月より緊急支援にも取り組んでいます。

ウォーターエイドロゴ
WaterAid Malawi distributed handwashing facilities + supplies to Bwaila Hospital and Lilongwe Main Market along with literature promoting proper hygiene to help prevent the spread of COVID-19. COVID-19 response. Malawi. April 2020
WaterAid
病院や市場などにペダルを踏むことで水や石けんが出る「足踏み式手洗い設備」を設置(2020年4月マラウイ)

人々の健康と命を新型コロナウイルス感染症から守るため、
皆さまからのご支援が必要です。ご協力をお願いいたします。


 

継続的なご支援もご検討ください

人々が長期的に清潔な水を利用できる持続可能なしくみを作るため、
皆さまからの継続的なご支援が必要です。

毎月2,000円のご寄付1年間で10人の人が清潔な水を使えるようになります。

where we work with icons

 

よくあるご質問
Q.寄付の方法はどのようなものがありますか?

クレジットカード決済、郵便振替・銀行振込によるご寄付がご利用いただけます。また、クレジットカード決済、口座振替による継続でのご支援も可能です。

<今回限りのご寄付>

クレジットカード決済でのご寄付
フォームより簡単にお申込みいただけます。
今すぐ寄付する

郵便局の払込取扱票でお振込
口座番号 00100-0-359375
加入者名 ウォーターエイドジャパン
(※使途のご指定を希望される場合、払込取扱票に「新型コロナウイルス感染症対応」と明記してください。)

その他の金融機関でお振込
ゆうちょ銀行 〇〇八(ゼロゼロハチ)店
普通 4057566
特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン
(※金融機関からのお振込みは原則活動全般に使わせていただきます。)

*郵便局の払込取扱票以外でお振込いただく場合、大変お手数ですが事務局まで【お名前/ご住所】をお知らせください。ご連絡のない場合、領収書をお送りすることができませんのでご了承ください。

 

<継続でのご寄付>
毎月1,000円からご支援いただけます。お申込みいただいた方には、会報誌(年3回)、年次報告書(年1回)などをお送りいたします。

クレジットカード決済で継続寄付
フォームよりお申込みいただけます。お申込みいただいた当日から、継続でのご支援が開始されます。
継続寄付に申し込む

口座振替で継続寄付
お申込み用紙へのご記入・ご押印が必要となります。書類をお送りいたしますので、下記フォームより資料をご請求ください。書類のご提出からご支援開始まで約1~2カ月ほどお時間がかかります。
資料を請求する

Q. 今までの支援でどんなことが実現したのですか?

2018年度、ウォーターエイドは世界中の現地パートナーや政府との協力を通じ、135.7万人に清潔な水、135.6万人に適切なトイレを届け、208万人に正しい衛生習慣伝えました。皆さまからのご寄付に支えられ、個々のコミュニティに合った解決策を見つけ、持続可能なシステムを構築し、もっとも取り残されがちな人々に支援を届けることが実現しました。