【プレスリリース】ロックダウンや学校閉鎖で生理用品の入手や月経保健にリスク

Posted by
WaterAid Japan
on
28 May 2020
In
Hygiene, Gender
WaterAid/ Kate Holt

各国が新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の拡大防止のため、ロックダウン(都市封鎖)や移動・外出制限を導入するなか、女性と女の子たちは、生理用品の入手、そして月経中に衛生的に尊厳を持って過ごすことなどに、これまでに以上に苦労しています。

感染拡大により、男女の格差はより深刻なものとなり、この問題があらためて明らかになりました。感染および対策の長期化に伴い、月経保健と水・衛生の問題に優先的に取り組む必要があると、ウォーターエイドは考えます。

2020年4月、ウォーターエイド・インドが共同議長を務める月経保健アライアンスは、インドとアフリカ各国で衛生用品の製造や月経衛生の普及活動に取り組む67の組織・団体を対象に調査を行いました。その結果、62%の団体が、活動対象コミュニティの女性が生理用品の入手が難しくなっていると回答しました。さらに、22%の団体は、人々が生理用品を入手できなくなっていると回答しました。

生理用品を製造している44の中小企業のうち、通常通り稼働しているのは25%にとどまり、29のメーカーは生理用品の生産ラインを転用してフェイスマスクの生産をすでに開始、または開始する計画でした。生理用品の流通に関わる団体の67%は、学校やコミュニティなどの供給先が閉鎖されたため、従来の業務を停止しなければなりませんでした。

世界的には、女性と少女の4人に1人が適切なトイレを利用できないため、月経の時期に、衛生的に、かつ尊厳をもって過ごすことが困難です。新型コロナウイルスの感染が広がるなか、公衆トイレの一部は閉鎖されたり、定期的な消毒が行われなくなったりしていて、こうした設備を使っていた人々の衛生や安全が懸念されています。さらに、水道がなく、井戸などでくんできた水を使用する家庭では、手洗いのために使う水の量が増えることで、月経衛生のために十分な水が使えないという問題も指摘されています。

ウォーターエイドの月経保健に関するコーディネーターで、南アジア地域マネージャーのテレス・マホンは次のように話します。

「世界中の政府が新型コロナウイルスを封じ込めるために24時間体制で取り組む中で、命を守るために重要な保健医療や個人用の防護具などの確保に注目が集まってきました」

「新型コロナウイルスの感染が広がるなかでも、月経は止まりません。水・衛生サービスや生理用品の供給が中断してしまうと、多くの人々が月経中に必要なものを使うことが非常に難しくなります。ロックダウンの下でプライバシーが確保できなくなったり、生理用品の配布や正しい情報を伝えるための場所であった学校やヘルスセンター、コミュニティが閉鎖されたりしています。 月経は恥ずかしいものといった誤った考えを正し、月経保健の向上のために続けられてきた取り組みが停止してしまうかも知れません」

「ロックダウンが解除に向かい、危機に対する長期的な解決策を検討する中で、政府には今、新型コロナウイルスとの闘いとともに、女性と女の子の月経保健のために不可欠な清潔な水、適切なトイレ、正しい衛生習慣についても優先課題としてほしいと思います」

ネパールの学校での生理用品の配布=2017年
WaterAid/ Mani Karmacharya
ネパールの学校での生理用品の配布=2017年

南アでは政府に物資提供、ルワンダではラジオドラマで啓発

ウォーターエイドは、感染拡大が続く状況の中でも、貧困層など厳しい環境にいる人々が、生理用品や月経衛生に関する情報を入手できるように活動を継続しています。

南アフリカでは、国連や女性・青少年・障害者省などと協力し、30,000以上の生理用品を感染症防止のためのポスターとともに社会開発省に提供しました。これは、青少年ケアセンターや犯罪や家庭内の暴力から女性を保護するシェルターなどに配布されているほか、、学校しか生理用品を入手する場所がない、しかし学校が閉鎖されて生理用品を入手できない女子生徒たちにも配布されています。

ルワンダでは、月経に関する正しい情報を広く伝えるため、14~20歳の学生たちとも協力して、有名ラジオ局でドラマを放送しています。月経に関するタブーを払拭することも大きな目的で、脚本と制作を学生たちが担当しました。ルワンダでは、ラジオの影響力が大きく、このドラマは人口の3分の1の人々に届きます。

ウォーターエイドは、国、性別に関わらず、今後も水・衛生の改善とともに月経保健の課題の課題や変革のための情報発信に取り組んでいきます。

特設ページ

ウォーターエイドの新型コロナウイルス感染症に関する取り組みは、以下のページからご覧いただけます。

手洗いで新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ

 

新型コロナウイルス感染症の流行を防ぐため、ウォーターエイドは、手洗いなど衛生習慣の普及促進の取り組みを拡大しています。この取り組みを継続、さらに拡大し、より多くの人々が手洗い習慣を実践できるよう、皆さまのご協力をお願いいたします。 

今すぐ寄付する:新型コロナウイルス感染症緊急支援

ご寄付をご検討の法人の方は、下記までお問合せください。

特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン(認定NPO法人) 
Tel: 03-6240-2772 
Email: [email protected]
(10:00~18:30 土日祝日・年末年始除く)