【9/20 セミナー】「持続可能な開発目標(SDGs)ゴール6達成に向けて ~開発途上国の水・衛生について考える」を開催します

on
10 August 2018
In
A woman collects water in the village of Narai Ka Pura in Madhya Pradesh, India. Most of the community – 90% - practices open defecation, which means the village becomes contaminated by human excrement during the rainy season. In India, 63.4 million people in rural areas live without access to clean water while it ranks in the top 38% of countries most vulnerable to climate change and least ready to adapt to climate change, according to the Notre Dame Global Adaptation Index.

 

第1部:ゴール6達成に向けた企業等とのパートナーシップ
第2部:インドの水・衛生最新情報
9月20日(木)16時30分~ @新橋ビジネスフォーラム

 

近年、水問題は世界の最重要課題として広く認識されています。国際社会が一体となって取り組むべき目標として2015年に定められた持続可能な開発目標(SDGs)でも重要項目として位置づけられており、同目標の達成期限である2030年に向けて、政府、国際機関、水道事業体、企業、NGO等による取り組みが加速化することが期待されています。

1981年にイギリスで設立されたNGOウォーターエイドは、水問題のなかでも特に開発途上国の水・衛生について37年にわたって取り組んできました。9月16日~22日に東京で開催される国際水協会の世界会議のため、ウォーターエイド・インドのCEO等、計5人のウォーターエイド職員が来日するこの機会にセミナーを開催します。

第1部では、SDGsのゴール6「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」を達成するために、解決すべき課題について共有した後、ウォーターエイドが取り組むと企業・水道事業体とのパートナーシップの事例についてご紹介し、今後期待される企業・水道事業体とNGOのパートナーシップについて考えます。

第2部では、インドのナレンドラ・モディ首相主導のもと、2019年までにすべての家庭にトイレを設置することを掲げた「クリーンインディア」キャンペーンについて、その進捗状況やインド政府の新たな取り組みについてご紹介し、インドの水・衛生課題を解決するためのアプローチについて考えます。

 

日時:9月20日(木)16時30分~19時20分(開場16時)
   (第1部:16時30分~18時 / 第2部:18時20分~19時20分)

テーマ:第1部 ゴール6達成に向けた企業等とのパートナーシップ
    第2部 インドの水・衛生最新情報
*第1部のみ、第2部のみご参加いただくことも可能です。

場所:新橋ビジネスフォーラム(都営三田線内幸町駅徒歩2分)

   (東京都港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル8階)
   http://biz-forum.jp/access.html 

言語:日英同時通訳あり   

参加費:1000円(資料代)

定員:50名(※定員に達した場合は、その時点で締切となります。)

主催:特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン

 

お申込み:よりお申し込みください。