Fuji Rock Festival'16に出展しました

Posted by
Kasumi Tachibana
on
24 July 2016
In
日本, Toilets

NGOビレッジは、若者を中心とした野外フェスティバル来場者とNGOが出会うきっかけの場として、2000年よりフジロックフェスティバルにおいてスタートした取り組みです。様々なNGOが社会の課題や地球の問題を投げかけ、ともに解決への一歩を踏み出す場として活用されています。

今年のテーマは「トイレが命を救う」
今年のブースのテーマは「トイレが命を救う」。世界では3人に1人が安全なトイレを利用できない環境で生活しています。そうした事実とトイレの大切さを知ってもらうために、パネル展示やクイズのほか、水で落せるタトゥーの配布など、たくさんの人が気軽に参加できるアクティビティを実施しました。

たくさんの出会いに感謝

NGOビレッジ近くのアバロンステージにて、ウォーターエイドジャパンの活動紹介を行ったり、NGOビレッジのトークセッションでイギリス最大級の野外音楽フェスティバルでのウォーターエイドの取り組みをお話ししたりする機会にも恵まれました。

たくさんの方々とお話しすることができ、ウォーターエイドスタッフ一同、たくさんの元気をもらいました。ご来場いただきました皆さま、お世話になりました関係者の皆さま、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。