報告書:気候変動対策の少なすぎる予算

気候変動に対し脆弱で適応力がない国々が受け取っている気候変動対策のための資金、あるいは緊急対策のために使われている資金は、ウォーターエイドの分析によると、非常に小さい金額であることが分かりました。ウォーターエイドは2020年3月5日、その分析などをまとめた報告書「気候変動対策の少なすぎる予算(Short-changed on climate change)」を公開しました。

報告書のポイントなどは、こちらのレポートをご覧ください。

気候変動対策の少なすぎる予算が明らかに~年間1人当たりの支援額が1ポンドに満たない気候変動脆弱国も