ウォーターエイドは現地のパートナーと協力し、開発途上国で清潔な水とトイレを利用できるようにするための支援を行っています。また、政府などの意思決定機関に対しても、人々が暮らしに不可欠なサービスをもっと受けられるよう、経験と調査に基づいた働きかけを行っています。

個人、団体、企業を問わず、ウォーターエイドの活動に力を貸してくださる皆さまのおかげで、現地のパートナーと協力し、厳しい場所でも活動を行うことができています。

ウォーターエイドの活動によって、これまでに2,500万人が清潔な水を利用できるようになりました。この数字の背後には、貧困から抜け出す一歩を踏み出し、暮らしが大きく変わった一人ひとりのストーリーがあります。

ウォーターエイドは、それぞれのコミュニティに合った実用的な技術だけを用いて給水設備やトイレの設置を行い、その技術がコミュニティに根付くようにしています。そうすることによって、コミュニティの人々が、その技術を長く維持することが可能になります。

また、現地のパートナーと協力することによって、そのコミュニティの未来に投資することが可能となり、人々が技術を上手に活用し続けることができるようになります。

ウォーターエイドはコミュニティの人々と協力し、公共サービスを提供する政府などの機関や政策決定者に対し、水や衛生設備の問題に優先的に取り組むよう働きかけも行っています。政府などの権力機関が政策を変えたほうが、何百万人も多くの人々に水と衛生を届けることができて効果が大きいためです。

皆さまのご支援による昨年の実績:

に清潔な水を届けました

病気にかかる心配をすることなく、蛇口から清潔な水を利用できるようになったファティマちゃん、ルーデちゃん、アメリアちゃん。(東ティモール)

Thumbnail
WaterAid/Tom Greenwood

に適切なトイレを届けました

学校に適切なトイレがあれば、ヘニトソアちゃんのような子供たちが学校に通い続け、夢に向かって努力することができます。(マダガスカル)

Thumbnail
WaterAid/Ernest Randriarimalala

が衛生習慣を身につけました

清潔な水とトイレを利用できるようになっても、そのメリットを完全に活かすには、衛生習慣の改善が不可欠です。(パキスタン)

Thumbnail
WaterAid/Mustafah Abdulaziz

ウォーターエイドは世界34か国で、人々の暮らしを改善する活動に取り組んでいます。

まだ立ち止まることはできません

毎年着実に「すべての人々が水と衛生を利用できる世界」に近づいています。しかし一方で、人口増加や気候変動などさまざまな要因から、いまだ多くの人々が清潔な水やトイレを利用できず、過酷な暮らしを強いられています。

WaterAid/Alexia Webster
"近くに給水設備があることで、農作業の時間を十分とれるようになります。子供たちも学校へ通えるようになり、将来の選択肢は大きく広がるでしょう。"
22歳のマリーさん(マラウイ)

蛇口をひねればいつでも水がでるという、私たちにとって当たり前のことが、世界のにとって当たり前ではありません。にとっては、トイレの個室で落ち着く時間が当たり前ではありません。

まだまだ私たちにできることがあります。

世界中が力を合わせれば、すべての場所のすべての人に水と衛生を届けるという大きな目標を、私たちの世代で実現することができるとウォーターエイドは確信しています。

ウォーターエイドの活動は皆さまのご寄付に支えられています。

活動を支援する

ご支援いただく方法はいろいろあります。

最新情報はこちら

ウォーターエイドジャパンの最新情報はこちら。